<   2018年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

ハロウィンの小付   

2018年 10月 31日

皆さん こんにちは

今日は10月31日『ハロウィン』の日ですね。


有田窯元展示所では、ハロウィンのディスプレイをしています。

b0289777_15053772.jpg

テーブルの画像は以前9月のおすすめ商品でご紹介していますが、何処が変わっているか分かりますか?

実はこれは『朱泥菊型の小付』を、かぼちゃ🎃に見立てて制作した物なんです。

b0289777_15060496.jpg

朱泥の赤い部分を黄色やオレンジで塗っていて、菊型の形状がかぼちゃそっくりです。内外には源右衛門らしく、梅地紋を描きました。

b0289777_15061807.jpg

ハロウィンは古代ヨーロッパのケルト民族の収穫祭が起源で、日本でも年々秋のイベントとして定着してきました。

b0289777_15064794.jpg

家族や友人などと、仮装やハロウィンアイテムを飾って、ハロウィンを楽しんでみてください。

b0289777_15070672.jpg

by gen-emon | 2018-10-31 15:05 | ディスプレイ

熊本鶴屋 「源右衛門窯展」   

2018年 10月 24日

皆さん こんにちは

今日は有田窯元より催事のお知らせです。


本日より30日(火)まで、熊本鶴屋さんで『源右衛門窯展』を開催いたします。

b0289777_11463965.jpg

新年には欠かせない迎春揃いや、来年の干支(亥)シリーズ、人気の唐草文シリーズ、また新作の丸文筋シリーズや手塩皿まで、普段では中々お目にかかれない商品も多数展示しております。

b0289777_11464939.jpg

普段使いの飯碗や湯呑は、100点近く取り揃えておりますので、お気に入りのお品を見つけてみてください。

b0289777_11465994.jpg

そして今回の目玉は、熊本鶴屋様のオリジナルで制作しました「染錦肥後六花 皿」です。

b0289777_11470668.jpg

肥後六花は、江戸時代から熊本藩の武士のたしなみとして品種改良を重ねてきた熊本独特の花で、肥後椿、肥後芍薬、肥後花菖蒲、肥後朝顔、肥後菊、肥後山茶花の6種の花の総称です。


形状は柔らかなフォルムで使い勝手が良く、絵柄は皿の形状を活かし、円窓の外を源右衛門窯の特徴である深い藍の呉須で濃み、見込みはそれぞれの大輪の花を上絵の鮮やかな色彩で描きました。


深い藍に浮かび上がる肥後六花の華やかさが、日々の食卓に彩りを与えてくれます。


是非、肥後六花の器を間近でご覧ください。


また週末の土日には、染付の職人によります絵付実演もございます。


お近くの方は是非、お立ち寄りください。

b0289777_11471990.jpg

◆会期:2018年10月24日(水)~ 10月30日(火)

◆会場:熊本鶴屋 本館5階 シーズンメッセージ

◆時間:午前10時~午後7時

※最終日は、午後5時に閉場させていただきます。

b0289777_11473698.jpg

by gen-emon | 2018-10-24 12:00 | お知らせ

秋陶祭の予告   

2018年 10月 22日

みなさま、こんにちは。

有田窯元より秋の陶器市「秋陶祭」についてお知らせいたします。

b0289777_08475755.jpg

「秋陶祭」
期間:11月21日(水)~25日(日)
営業時間:午前8時~午後5時

春の陶器市同様に、やきものと布製品のアウトレット販売をおこないます。
なんと今回は春の陶器市でご好評いただいた、50%OFFの超特価品のコーナーもご用意いたします!
ショールームの通常商品もお得な価格で販売いたします。

b0289777_08585971.jpg

源右衛門窯は有田町内の薪窯を巡るイベント「炎の響演 薪窯めぐり」に参加しており、11月24日(土)に攻めと呼ばれる工程を間近でご見学いただけます。

その他、イベントを多数ご用意しておりますのでぜひお出かけください。

イベントの詳細はまたお知らせいたします。

by gen-emon | 2018-10-22 08:59 | イベント

今月のおすすめ商品 -10月-   

2018年 10月 01日

皆さん こんにちは

台風24号は被害は大丈夫だったでしょうか?

地震に台風にと、自然の力には脅威を感じます。


早いもので2018年も10月に突入しました。

今日は有田窯元より『今月のおすすめ商品』をご紹介します。


今回ご紹介するのは、実りの秋には定番の木の実『栗』の器です。

b0289777_11472203.jpg

『染錦栗絵(そめにしきくりえ)』

秋の訪れを告げる栗を、源右衛門窯の深い藍の呉須で流麗な筆使いで描き、特徴的な上絵の深い緑の色彩で表現した鮮やかな栗絵です。


以前もご紹介していますが、器を使ってテーブルコーディネートしてみました。

b0289777_11474206.jpg

料理のイメージは、メインの器には「にごみ」、高台小鉢には「ごどうふ」と有田の郷土料理です。


【にごみ】有田の郷土料理で、いわゆる筑前煮。祝事、法事、葬儀等、人の集まるときの料理として、今も多くの人々に愛用されています。


【ごどうふ】豆腐一種で、有田のものが有名です。ごどうふはにがりを使わず、くずと澱粉を加えるのが特徴。なめらかな舌ざわりで、ごま醤油や酢味噌で食べるのが一般的です。


皆さんも秋の深まりを肌で感じながら、食卓でも実り多き秋を楽しんでみてください。


全国の10月の催事予定をご案内します。


■『源右衛門窯展』■

会期:10月2日(火)~10月8日(月)

会場:ブルーミング中西

(テーブルレシピ福岡大濠公園店)


■『源右衛門窯展』■

会期:10月24日(水)~10月30日(火)

会場:熊本鶴屋 シーズンメッセ


by gen-emon | 2018-10-01 12:00 | ディスプレイ