<   2018年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

小田急百貨店 新宿店   

2018年 02月 21日

b0289777_10450860.jpeg
こんにちは。

東京店より催事のお知らせです。

本日より小田急百貨店・新宿店にて源右衛門窯コレクションを開催しております。

染付丸紋筋』や『染錦ならび梅』など、先日のテーブルウェアフェスティバルでお披露目となった新作を中心にしたラインナップで皆様のお越しをお待ちしております。

今回のフェアは3月6日(火)まで、2週間の開催となります。

新宿地区へお越しの方は是非この機会に新作をご覧ください。

■会期:2018年 2月21日(水)~ 3月 6日(火)
■会場:小田急百貨店 新宿店 本館 8F 和食器売場
■時間:10:00 ~ 20:00


by gen-emon | 2018-02-21 10:46 | イベント

テーブルウェア・フェスティバル2018   

2018年 02月 09日

皆さん おはようございます。


『テーブルウェア・フェスティバル2018 ~暮らしを彩る器展~』は例年を上回るお客様の来場で、大変賑わっております。


今日は東京ドームより、出展している商品を少しご紹介いたします。

b0289777_08551304.jpg

【染錦更紗手花蝶文 シリーズ】

更紗文様を思わせるモチーフを、褐色の上絵具と錆釉を効果的に用い、繊細な絵付を施したエスニックなシリーズです。

b0289777_08553376.jpg

【染錦イズニク手絵変わり シリーズ】

トルコ・イズニク陶器の文様の数々を、源右衛門風にアレンジし、流麗なタッチで表現したシリーズです。


今回は東京ドームで初お披露目している新作も2柄展示しております。

b0289777_08555597.jpg

【染錦ならび梅】

源右衛門窯を象徴する梅文様をやわらかな濃みだけで表現しました。淡い染付と上絵の鮮やかな色彩で描かれた梅が、食卓に華やかさを演出します。

b0289777_08561066.jpg

【染付丸紋筋】

丸みを帯びたフォルムに、シンプルな線で浮かび上がる丸紋様。職人が繋ぐ一筆一筆は、手描きならではの、シックで落ち着いた雰囲気を醸し出します。

b0289777_08562915.jpg

その他にも、人気の更紗唐花紋シリーズや唐草文シリーズ、普段使いの飯碗やマグカップまで、多数展示しております。

b0289777_08565643.jpg

是非、皆さまお誘い合わせの上ご来場くださいませ。


会期:201824日(日)~212日(月)

時間:10:0019:00

会場:東京ドーム

入場は閉場の1時間前まで

◆源右衛門窯の店舗番号は【S-6】となります。


by gen-emon | 2018-02-09 10:00 | お知らせ

テーブルウェアフェスティバル2018   

2018年 02月 06日

b0289777_10365530.jpeg

一昨日2月4日より東京ドームにて『テーブルウェア・フェスティバル2018 〜暮らしを彩る器展〜』がスタートしています。


初出展となる源右衛門窯ブースでは今回のイベントでお披露目となる新作や東京ドーム限定アイテムを含めた、彩り豊かな食器を展示販売しております。


国内最大級の器の祭典だけあって、初日は3万5千人を超える来場者で賑わっていました。


食器はもちろん、カトラリーや食品まで様々なブースが出展しており、一日楽しむことができるイベントになっております。


本イベントは2月12日(月)までぜっさん開催中です。

皆さまお誘い合わせの上、是非ご来場ください。


会期:2018年2月4日(日)〜2月12日(月)

時間:10:00〜19:00

会場:東京ドーム

※入場は閉場の1時間前まで


料金:【前売券】¥1,800 / 【当日券】¥2,100


◆源右衛門窯の店舗番号は【S-6】となります。

b0289777_10371148.jpeg



by gen-emon | 2018-02-06 10:12 | イベント

今月のおすすめ商品 -梅-   

2018年 02月 03日

皆さん こんにちは

今日は23日『節分』ですね。


節分は「季節を分ける」という意味があり、季節が変わる最終日のことをさし、実は立春・立夏・立秋・立冬の年4回あるそうです。


それが後に一年の始まりである立春(旧暦のお正月)を大切な日として重要視され、豆をまいて鬼にぶつけることで邪気を追い払い、一年の無病息災を願う行事として今では定着しています。


立春といってもまだまだ寒さ厳しい日が続いていますが、今日は2月の『今月のおすすめ商品』のご案内です。


寒さ厳しい冬に春の訪れを真っ先に感じさせてくれる花で、源右衛門窯の象徴的な花、『梅』です。
b0289777_11234687.jpg

梅は松・竹とともにめでたい植物とされ「梅は百花にさきがけて咲く」と言われるように、早春に他の花より先駆けて美しく花を咲かせる生命力の強さから、「気高さや長寿」の象徴とされてきました。


源右衛門窯では梅の絵柄が一番多く、約30種類近くの梅柄の商品があります。

b0289777_11231187.jpg

紺の鮮やかさと濃(ダミ)が際立つ代表的な【染付梅地紋】、満開に咲く枝梅を繊細に描いた優しい色合の【染錦枝梅】、上絵の赤い濃(ダミ)と枝梅の染付のコントラストが映える【赤濃枝梅】、紺の濃(ダミ)に様々な5パターンの赤の梅のラインが入ったモダンな【染錦梅小紋】など、テーブルいっぱいに梅を展示しています。

b0289777_11232615.jpg

真っ先に春が咲き誇った窯元展示会に是非、お越しください。


今年も皆さんのところにも福の神が来ますように。

『鬼は外、福は内!』


by gen-emon | 2018-02-03 12:00 | 器のひとりごと