染付梅地紋 傘立 -濃み-   

2017年 02月 08日

皆さん こんにちは
先月、『染付梅地紋』の傘立の線描きをご紹介しましたが、今回は次の工程の『濃み(ダミ)』をご紹介します。

『濃み』とは、線描きをした外側や内側を塗りつぶすことを言います。
b0289777_15402410.jpg

昔から『線描き』は男性、『濃み』は女性と工程が別れており、線描きの上を塗っていく為失敗が許されません。

源右衛門窯の特徴は外側を塗っていく外濃(ソトダミ)にあります。梅地紋の外濃は大きい筆にたっぷり呉須を含ませ、指先で絞り出しながら一定のリズムで動かし、描いた梅の線描きを避けながら模様のように塗っていきます。
b0289777_15402528.jpg

傘立のような大物の線描きは置いて描けるのですが、濃みは呉須をたっぷり出しながら塗っていきますので、常に左手を動かし、傾け具合の絶妙なバランスを保ちながらの作業なので、大物になるとかなり大変です。
b0289777_15402624.jpg

そして熟練した職人でも特に難しいのが、呉須の濃ゆさです。呉須の藍の色合いを同じにするのがかなり難しいのです。外濃は塗る面積が広いため、濃さを合わせるのが難しいのですが、呉須はある程度の濃ゆさから肉眼では同じに見え、最終的には焼いて見ないと発色が分からないのです。

ですので、今回の傘立の濃みの作業は朝から濃みを始め、1本仕上がる夜中まで行われました。
b0289777_15402616.jpg

まだまだ言葉では説明しきれないほどに色々な技術が必要ですが、職人さんたちは日々長年の経験と熟練した手技で焼きものを制作しています。

次は窯の職人さんの腕の見せ所です。どんな色合いで焼き上がるか、窯上がりが楽しみです。

源右衛門窯では、普段より工房を解放しておりますので、有田にお越しの際は、是非お立ち寄りください。タイミングがよければ、今回の大物の製作風景をご覧いただけるかもしれません。

by gen-emon | 2017-02-08 15:40 | 旬な話題

<< 雪 第13回有田雛のやきものまつり >>