大分トキハ「有田焼 うつわ紀行」   

2015年 10月 04日

皆さん おはようございます。
催事のお知らせです。

大分トキハ本店さんで『有田焼 うつわ紀行』を只今開催中です。
b0289777_09153702.jpg


■会期:10月1日(木)〜10月6日(火)
■会場:大分トキハ 本店8階=南催し場
 ※最終日は5時閉場

日本初の磁器が焼かれた有田の地で、歴史と伝統を誇る名窯の器や、暮らしの器が展示販売されます。
b0289777_09153757.jpg


有田を代表する柿右衛門窯さん・今右衛門窯さんを始め、香蘭社さん・深川製磁さん・舘林古琳庵窯さん・真右エ門さん・陶悦窯さん・辻修窯さん・匠の蔵さんの方々との合同催事です。
b0289777_09153859.jpg


源右衛門窯は、染付を代表する染付獅子唐草の花瓶をメインに、来年の干支(申)シリーズの【皿・ぐい呑、置物】なども初お披露目しています。
b0289777_09153846.jpg


また、普段使いの器も多数取り揃えております。
b0289777_09153828.jpg


今回は【やきものが出来るまで】の工程を並べて展示しています。陶石から完成まで詳しく紹介していますので、源右衛門窯の手造りの流れをご覧いただけます。

8階の会場にも「青磁木の葉文」を使ったテーブルを作っていますが、1階の本店正面入り口にも【豊穣の秋】と題して「黄褐彩更紗唐草文」を使ったテーブルコーディネートを展示しております。

b0289777_09153972.jpg

b0289777_09153927.jpg


6日までとなっておりますので、お近くの方は是非足をお運びください。

by gen-emon | 2015-10-04 09:32 | お知らせ

<< 干支(申)の完成! ■400年有田の魅力展 絵付け実演 >>