スジ引きの技   

2013年 12月 17日

皆さん、こんにちは
今年もあと、半月を切りました。
今日は今年最後の"陶工のつぶやき"です。

今年を締めくくるのは「小原 和枝」さんです。
スジ引きの技_b0289777_8432428.jpg

染付歴32年の小原さんは"型うち・スジ引き"を担当されていて、次の絵描き職人さんが描きやすいように下準備をする重要な工程です。
【型うち】素焼きの形に作った和紙に絵柄の大体のあたりを木炭の墨で描き、それをこすって素焼きに写します。
スジ引きの技_b0289777_1495012.jpg

【スジ引き】有田では線の事を「スジ」と言い、絵柄に合わせてスジを引く方法を変えます。絵柄を止める役割や、全体を引きしめるアクセントに、またスジがメインの絵柄もあるんですよ。
スジ引きの技_b0289777_14102187.jpg
通常の丸い形の器は、"スジ車"という道具に素焼きを乗せ、回転させながら呉須で線を引いていきます。

そして、スジ引きで一番技術がいるのが「手引き」による線引きです。変形型の器はスジ車では引けないため、筆を手に固定させ、手の腹を素焼きの縁にあて引きます。スジ引きの技_b0289777_14104250.jpg
小原さんの手引きのスジは綺麗で、引くのがとっても早いんです(゜o゜)

小原さん曰く
「2本線の手引きの時は線の幅に注意しています。そして、四角物は角まで一気に引き、花型の物は1本の線に見えるようにつなぎ目に気を付けます。」
とのこと。

絵柄の方が主役になっていますが、スジ1本にも職人としてのこだわりがあるんですね(^_^)

by gen-emon | 2013-12-17 14:46 | 陶工のつぶやき

<< 初売りの第2弾! カジュアルな食卓 >>