<   2017年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

有田焼万年筆   

2017年 08月 24日

皆さん こんにちは

「AERA スタイルマガジン」というWEBマガジンの連載記事『万年筆は男の武器』で、弊社の『 染付章魚唐草濃 有田焼万年筆』をご紹介していただきました。
よろしければご一読くださいませ。

AERA スタイルマガジン『万年筆は男の武器』

by gen-emon | 2017-08-24 12:00 | お知らせ

【第二弾】限定新商品のご案内   

2017年 08月 07日

こんにちは。

今回は新商品のご案内です。

昨年ご好評いただきました、窯元・直営店のみの限定販売
イズニク手柄のポーチ・バッグ・巾着(現在すべて完売)に引き続き
限定販売の新アイテムをご案内させていただきます。

【限定商品その1】
お野菜の総柄トートバッグ&ポーチ
b0289777_16513356.jpg
源右衛門窯の商品には野菜をモチーフとしたものがいくつかございます。
染錦緑豆文からマメを、染錦茄子濃からナスを取り出しミックス柄に。
器では表現できないポップさが、普段使いにぴったりです。
b0289777_15080191.jpg
背景色は夏にぴったりの爽やかライトブルーと、総柄なのに派手すぎないキレイめベージュの二色をご用意しております。

トートバッグは底板付きでマチを広めにとっておりますので、普段のお出かけやランチトートとしても活躍すること間違いなし♪
内側にはポケットと、ボタン付きなのも嬉しいポイントです。

ポーチは小物が取り出しやすい大き目ファスナーにこだわり、薄型ながらもマチをとって容量をアップしました。明るい色柄なので、ついつい荷物が多くなってしまう方もバッグから見つけやすいのでオススメです。

そして今回のお野菜柄のアイテムは
すべて撥水加工をしております!

この季節は夕立など、いきなりの雨が困りものですよね?145.png176.png

きちんと撥水加工を施しているので、水や油で汚れにくいのも普段使いにオススメする理由です。164.png


【限定商品その2】
お野菜の刺しゅう蚊帳(かや)ふきん
b0289777_16515646.jpg
b0289777_15080900.jpg


こちらはお野菜のワンポイント刺しゅうが可愛らしい、実用性バツグンの蚊帳(かや)ふきんです。
使い始めは糊がきいておりパリパリですが、使い込んでいくほどに柔らかくなり馴染むような優しい触り心地になります。110.png
その変化を感じながら日々お使いいただきたいです。

今回は染錦菜っ葉紋・染付蕪絵・染錦茄子濃の器より菜っ葉・カブ・ナスをそれぞれ刺しゅうで表現しました。シンプルな図柄がどんなお台所にもマッチするはずです♪

軽くて丈夫なふきんを3枚セットで夏の手土産にというのも、喜ばれそうですね。113.png162.png



そして今回の新作商品も

直営店だけの限定販売となります。
(有田窯元・東京店・大阪店・軽井沢店のみ)

さらに数量限定となっております。
フルラインナップでの販売は本日からでしたが、早くも店頭でのお問い合わせもいただいております!
気になった方は、ぜひお早めにお買い求めください。


今回も各種贈り物としてもお包みいたしますので、お気軽にスタッフへお申し付けください。
※箱代として別途料金を頂戴いたします。


皆様のご来店心よりお待ち申し上げます!

【お野菜のお野菜の総柄トートバッグ】
サイズ:ヨコ33㎝×タテ24㎝×マチ15㎝
生地:表地 綿100%
   ポリエステル 100%
価格:3,780円(税込)

【お野菜のお野菜の総柄ポーチ】
サイズ:ヨコ24㎝×タテ13㎝×マチ2㎝
生地:表地 綿100%
   ポリエステル 100%
価格:2,268円(税込)

【お野菜の刺しゅう蚊帳(かや)ふきん】
サイズ:30㎝×30㎝
生地:レーヨン8枚重ね
価格:648円(税込)




by gen-emon | 2017-08-07 16:31 | お知らせ

今月のおすすめ商品   

2017年 08月 01日

皆さん こんにちは
毎日と〜っても暑い日が続いていますが、熱中症や、夏バテなどはしていませんか?

本日より8月がスタートしました。
今日は有田窯元より『今月のおすすめ商品』をご紹介します。

今回ご紹介するのは、『染錦波兎(そめにしきなみうさぎ)』です。
b0289777_16074009.jpg

波と兎の構図は、景徳鎮の古染付等からの伝来とみられ、古伊万里文様の特徴の一つでもあります。染付の藍の色を基調とし、赤や金彩の色がさりげなく入り、波に遊ぶ兎の姿には涼しさを感じさせてくれる器です。
b0289777_16074139.jpg

染錦波兎は、銘々皿と蓋碗の2種類の形状をお作りしています。

家庭では蓋碗を使う機会も少なくなってきましたが、最大の長所である料理が冷めにくいところや、蓋を取るまで中の料理がわからないことをうまく使って、おもてなしの席で蓋碗を効果的に取り入れることもできますし、高さがあるので、平滑になりやすいテーブルのアクセントとしてもお使いいただけます。また蓋碗は晴れの席には欠かせない器でもありますね。
b0289777_16074138.jpg

夏バテしないよう食事のバランスも気を付けなければいけませんが、器の見た目でも涼しさを演出して夏バテを防止してみてはいかがでしょうか?

by gen-emon | 2017-08-01 16:05