<   2015年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

◾︎札幌三越 「秋の源右衛門窯フェア」   

2015年 10月 27日

本日は、北海道から催事のお知らせです。
札幌三越にて 「秋の源右衛門窯フェア」を本日より開催しております。
b0289777_15403853.jpeg
◾︎会期 : 10月27日(火) 〜 11月2日(月)
◾︎会場 : 札幌三越 9F イベントスペース
*最終日は18時閉場

美術ギャラリーでの開催となる本展では、秋の器を始めとする食器から、大皿や花瓶などの工芸品まで幅広いラインナップの製品を展示・販売いたします。
b0289777_15405664.jpeg
先日初雪も降り、いち早く冬を迎えそうな北海道。
源右衛門窯としても久しぶりの北海道での催しとなる為、普段披露できないような製品も多数揃えております。
お近くの方は是非足を運んで、ご覧ください。


by gen-emon | 2015-10-27 14:59 | イベント

2015 -秋陶祭のお知らせ-   

2015年 10月 26日

皆さん こんにちは

寒さが日に日に増してきて、秋の色が濃くなる季節。来月11月は恒例の『秋陶祭』が開催されます。
今着々と準備が進んでいます。
b0289777_15294148.jpg
●開催期間:2015年11月15日(日)~23日(月)
●開催時間:AM8:00~PM5:00
●場所:有田窯元


町の日程に合わせており、今年は9日間の開催です。
今年も色々なイベントをご用意しております。

弊窯も参加している炎の響演「薪窯めぐり」では、6つの窯元で同時に薪窯焚きが行われ、自由に見学出来るようになっています。職人の手技を間近でご覧ください。
■11月22日(日) ■AM8:00~PM5:00

食空間コーディネーター「荒木眞衣子」さんによる【おもてなしのコーディネートセミナー】も開催されます。※要予約(無料)
■11月23日(月) ■AM11:00~PM12:00

その他に、赤絵付け体験や、工房解放、お食事が出来る茶処『源』など、楽しみが満載です。

また、弊窯の秋陶祭企画品、干支の皿も完成しました。
【染金彩申絵 皿】通常商品b0289777_1530151.jpg

【染錦申絵 皿】秋陶祭限定品
b0289777_1530161.jpg
通常の染付をベースにした商品を、秋陶祭限定で特別に「染錦」にして販売いたします。置物同様に、親子の寄り添った愛らしい姿を、上絵付けで表現しました。

春の陶器市とはまた違い、ゆったりと過ごせる陶磁器まつりです。
皆さま是非、有田の陶磁器祭りにお越しください。
お待ち致しております。

by gen-emon | 2015-10-26 12:00 | お知らせ

干支(申)の完成!   

2015年 10月 15日

皆さん こんにちは
急に寒さが増してくるこの時期は、各職場で干支の製作に追われます。

今日は只今製作真っ最中の干支シリーズ 『申』 を詳しくご紹介します。
b0289777_10433852.jpg
【染金彩申絵干支 皿】
平成23年から新しく形状を変え、申で5年目です。干支をレリーフ(凹凸)の彫りで浮き出させ、染付の濃みの濃淡輪郭の金線のみで表現した絵皿です。
子猿を抱く親子の愛らしい姿をモチーフとしました。

【紺朱十二支(申) ぐい呑】
毎年新しい絵柄(12年前とは違う絵柄)で製作しています。裏面には桃を描いています。
b0289777_1044055.jpg

【緑彩梅地紋 申置物】
ちゃんちゃんこを着た猿が、両手でを持って座っている可愛らしい置物です。

b0289777_10441878.jpg

生地の段階で削って毛描きをしており、釉薬を掛けずに焼成し上絵の濃みをしていますので、肌の質感がリアルです。
顔を赤くしていますが、ちらりと見える赤いお尻もまた可愛らしく癒やされます。

よく猿と桃が一緒に描かれることが多いのは、古い中国の物語によるもので、桃は不老長寿のシンボルであり、邪気を払う霊力があると言われ、魔除けの意味もあります。

一年の福を呼び寄せる縁起物として、一品一品心を込めて製作しています。
もうすぐ窯元でも展示いたしますので是非ご覧ください。

by gen-emon | 2015-10-15 13:11 | 器のひとりごと

大分トキハ「有田焼 うつわ紀行」   

2015年 10月 04日

皆さん おはようございます。
催事のお知らせです。

大分トキハ本店さんで『有田焼 うつわ紀行』を只今開催中です。
b0289777_09153702.jpg


■会期:10月1日(木)〜10月6日(火)
■会場:大分トキハ 本店8階=南催し場
 ※最終日は5時閉場

日本初の磁器が焼かれた有田の地で、歴史と伝統を誇る名窯の器や、暮らしの器が展示販売されます。
b0289777_09153757.jpg


有田を代表する柿右衛門窯さん・今右衛門窯さんを始め、香蘭社さん・深川製磁さん・舘林古琳庵窯さん・真右エ門さん・陶悦窯さん・辻修窯さん・匠の蔵さんの方々との合同催事です。
b0289777_09153859.jpg


源右衛門窯は、染付を代表する染付獅子唐草の花瓶をメインに、来年の干支(申)シリーズの【皿・ぐい呑、置物】なども初お披露目しています。
b0289777_09153846.jpg


また、普段使いの器も多数取り揃えております。
b0289777_09153828.jpg


今回は【やきものが出来るまで】の工程を並べて展示しています。陶石から完成まで詳しく紹介していますので、源右衛門窯の手造りの流れをご覧いただけます。

8階の会場にも「青磁木の葉文」を使ったテーブルを作っていますが、1階の本店正面入り口にも【豊穣の秋】と題して「黄褐彩更紗唐草文」を使ったテーブルコーディネートを展示しております。

b0289777_09153972.jpg

b0289777_09153927.jpg


6日までとなっておりますので、お近くの方は是非足をお運びください。

by gen-emon | 2015-10-04 09:32 | お知らせ

■400年有田の魅力展 絵付け実演   

2015年 10月 03日

b0289777_18342783.jpeg
b0289777_18340507.jpeg
現在、日本橋三越本店にて絶賛開催中の 『400年有田の魅力展』。
当窯が出展している、"有田名窯特集"のを始め、連日多くのお客様で盛り上がりを見せています。
その中でも一際賑わっているのが、"工房の再現 ろくろ・絵付け 製作実演" のコーナーです。
その実演コーナーを、本日より源右衛門窯の職人が担当し、絵付けを行っております。
今回は4人の職人が集まり、下絵・上絵の線描きから濃みに至るまでの工程をお客様の前で実演しています。

本催事の最終日まで源右衛門窯の職人による実演会となっております。
有田の窯元以外では中々見ることができない貴重な機会となっております。
是非、息を呑むような職人技を見にいらしてください。
b0289777_18324119.jpeg
b0289777_18331420.jpeg



■400年有田の魅力展
‣日本橋三越本店 
本館7F 催物会場
‣2015年9月30日~10月5日
午前10時~午後7時


by gen-emon | 2015-10-03 18:14 | イベント