<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

窯業大学生の勉強会   

2014年 07月 25日

皆さんこんにちは
暑い日が続いていますが如何お過ごしでしょうか?
梅雨は明けたようですが、今日も有田は時折雨もようです。

今日は有田にあります『佐賀県立有田窯業大学校』の学生さんが勉強のため弊窯を訪れています。
社長工場長講師として細工場をご案内! 
b0289777_1473985.jpg

窯元によって製品へのこだわりの部分が違うため、弊窯ならではの特徴を吸収して頂きたいです!!と社長。
皆さんも真剣に耳を傾けられていました。
b0289777_1645039.jpg

最後は窯前で記念撮影。
未来の窯業界を背負って立つ職人さんになれるように頑張ってください(^-^)

by gen-emon | 2014-07-25 17:29 | 出来事

源右衛門窯 夏の軽井沢店-2014-   

2014年 07月 18日

皆さんこんにちは。
有田の週間天気予報ではお天気が続くみたいです。
九州北部も梅雨明けが、発表されるかもしれません(^-^)

この熱い時期は、毎年恒例の『源右衛門窯 夏の軽井沢店』がいよいよOPENします!

・平成26年7月19日(土)から8月31日(日)
 →午前9時から午後7時まで
・平成26年9月1日(月)から9月23日(火)
 →午前10時から午後6時まで
住所 〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢666-1
電話番号0267-42-6029


期間中は、やきもの30%offにて販売いたします。また、源コレクションのテーブルマットハンカチ印伝などの商品も充実しています。(源コレクションは定価販売となります)※詳しくはHPにてご確認いただくか、本社フリーダイヤル 0120-88-4164 にて対応させていただきます。
b0289777_15544134.jpg

有田窯元でも、軽井沢店OPENに合わせ、展示所にて一部アウトレットの販売をいたします。
有田にお越しの際は是非お立ち寄りください。
b0289777_15271224.jpg

by gen-emon | 2014-07-18 12:00 | お知らせ

テーブルのアレンジ   

2014年 07月 11日

皆さん こんにちは
台風8号は過ぎ去ってくれて良かったですね。今は温帯低気圧に変わったみたいです。
佐賀はそれほどひどくなかったですが、皆さんのところは大丈夫でしたか?

本日は前々回にアップしていました『テーブル』アレンジをご紹介します。

まず、前回の『七夕』のテーブルからはメインの丸皿白マットをそのまま使いました。
-before-
b0289777_1274912.jpg

【~熱い夏夜もさわやかに~】
楽しい食事も、夏の熱い日はなかなか食欲が出ませんね。
そんな時は見た目を涼しくして雰囲気作りから
夏野菜冷製パスタ冷製スープで心も体もリフレッシュ!
-after-
b0289777_1585228.jpg

クロスはさわやかな淡いグリーンにし、白のマットの上にガラスの皿、そしてメインの皿をのせています。夏のテーブルはガラスの器を使うだけでも涼しさがアップします。


丸の『アジアンテイスト』なテーブルからは、メインの鉢蓋物をそのまま使っています。
-before-
b0289777_1591310.jpg

【ゴージャスな大人の時間】
美味しいパンと特別なワインで楽しい夕食のテーブル。
染付の青で落ち着いた雰囲気にゴールドを加えてムードをだしています。
-after-
b0289777_16321459.jpg

クロスはそのままなのですが、マットをローソクと同じ金色に変えるだけでも雰囲気が『洋』にガラッと変わります。食事はトマト系のパスタなど、 が映える食卓にまとめました。

いかがですか?ちょっとしたアレンジでも雰囲気は変わります。
皆さんも挑戦してみてください。

by gen-emon | 2014-07-11 15:33 | 器のひとりごと

『源コレクション』-荒川株式会社   

2014年 07月 07日

皆さんこんにちは
今日は7月7日『七夕』ですね。先週の九州地方豪雨はびっくりしましたが、今日もあいにくの空模様です。夜だけでも晴れてくれればいいですね。

以前『源コレクション』誕生秘話をご紹介しましたね。
今日はその中の一社、『荒川株式会社』さんをご紹介します。

荒川さんの創業は明治19年(1886年)。現社長の曽曽祖父「荒川益次郎」氏が"半衿服飾、並びに染呉服の製造卸売業"を創業されました。約130年余り続く伝統ある老舗で、和装製品製造卸売業、またナイトウェアなどを手掛けられています。

現在では「風呂敷・小風呂敷・ハンカチ」などを主に作って頂いております。お客様の中には風呂敷を使ってエプロンバック、中にはワンピースを作られたお客様もいらして感動したのを覚えています。

遡ること5月下旬、荒川さんが新作の打ち合わせでお見えになられました。
b0289777_13501210.jpg

現在では柄を提案するにもデジタル化されている中、今でも手描きでデザインをされています織物染物が多い京都ならではで、京都には手描き専門デザイン画を描かれる職人さんがいらっしゃるそうです。

打ち合わせの際は、手描きのデザイン画サンプル品を見比べての最終段階です。

そして約1ヶ月半をかけ、ようやく商品化されたものが店頭に並びました。
b0289777_151439100.jpg

絵柄は昔からある源右衛門窯梅花文様ですが、また違う素材(かたち)で皆さまにお届けできるのをとてもうれしく思います。磁器とはまた違った暖かな温もりを感じます。

by gen-emon | 2014-07-07 12:00 | お知らせ