<   2014年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

テーブルウェア・ファスティバル2014   

2014年 01月 31日

皆さん こんにちは
今日は東京ドームで開催される
『テーブルウェア・ファスティバル2014 ~暮らしを彩る器展~』のお知らせです。
日本全国のやきものが集まる展示会で、様々なイベントが開催されます。
b0289777_14372280.jpg

期  間:平成26年2月2日(日)~10日(月)
場  所:東京ドーム 東京都文京区後楽1-3-61 
営業時間:午前10時~午後7時(※最終入場は閉館の1時間前まで)
      ※2日(日)のみ午前11時~


以前ブログの中でも手塩皿に関して詳しくご紹介いたしましたが、今回の東京ドームでは2ヶ所目のお披露目の場となります。
有田の窯元18社で手塩皿の復刻やオリジナルを製作いたしました。
b0289777_14374426.jpg

源右衛門窯では伝統の柄の梅地紋を始め、36種類の手塩皿を展示・販売いたします。
ブースはNo.29「伊万里・有田 手塩皿collection 創出プロジェクト」です。

お近くの方は是非お越しください。

by gen-emon | 2014-01-31 13:00 | お知らせ

雛まつり♪   

2014年 01月 30日

皆さん こんにちは
大寒に入り、毎日厳しい寒さが続いていますね(>_<)
有田では2月8日(土)~3月23日(日)の期間『有田雛のやきものまつり』が開催されます。
ということで今日は、有田の展示所もお雛様のイメージでディスプレイしてみましたのでご紹介します(^_^)
b0289777_13254096.jpg

女性らしい柔らかなピンクを基調にコーディネート。丸いお皿はよく見て頂くとお姫様なんです!
品名は『染錦姫絵』と言い、十二単を着ている後ろ姿が描かれています。
なかなか店頭にはお目見えしないのですが、素敵な絵柄の使いやすい和皿です。
b0289777_1326045.jpg
蒸碗には女性らしく撫子をあしらってます。花が小さくて、色も愛らしく、花を子供にたとえて、"撫でるようにかわいいわが子"という意味で「撫子(ナデシコ)」という名がついたのだとか。
お雛様の行事にぴったりですね(*^_^*)

展示所では「有田 雛のやきものまつり」の期間に合わせて、雛人形の陶額や、立ち雛・座り雛の置物など、「ひな祭り」に関する商品を多数展示しておりますので、是非お気軽にお越しください。

by gen-emon | 2014-01-30 13:31 | ディスプレイ

陶山神社鳥居   

2014年 01月 22日

皆さん こんにちは
今日は新春らしい話題をひとつ。
有田で初詣といえば「陶山神社」
年間を通じてもたくさんの参拝客が訪れます。

陶山神社は明治になってからの名称で、ご神体は「応神天皇」、佐賀藩藩祖「鍋島直茂公」、それと有田焼陶祖「李参平」です。正殿前には焼きもの町ならではの、様々な磁器製の奉納品が鎮座していますが、圧巻はなんといっても磁器製の鳥居。
b0289777_15172156.jpg

有田町を象徴する文化遺産のひとつとしても広く知られています。由来によるとこの鳥居は、明治21年(1888)の神事(おくんち)に当番区であった稗木場(日恵古場)から奉納されました。柱には奉納区と製作年月日が陽刻で、製作に関わった人たちの名前が黒の釉下顔料で記されています。
さすがに、このサイズと重量の焼きものにとって、屋外での120数年という歳月は厳しい環境です。
b0289777_13242282.jpg
b0289777_1327195.jpg
b0289777_13322745.jpg

扁額にある「陶山社」は、中林呉竹によるもの。b0289777_14125462.jpg


ところで、この磁器製鳥居、実は有田以外にも二基が現存することをご存じですか?
一基は長崎市内の宮地嶽神社に、b0289777_15203724.jpg
b0289777_1457164.jpg

そしてもう一基は佐賀市内の松原神社です。
b0289777_1458519.jpg
b0289777_1459066.jpg
これら3基の鳥居、主要なパーツと文様は同作といって良い程似ていますが、扁額の地文様や陽刻文字の有無など、細部が微妙に異なっています。

では、各社に奉納されたいきさつはどうなっているのでしょうか?
時系列で予測を立てると、まず、陶山神社に奉納するために、本窯の歩留まりを考えて3基分かそれ以上のパーツを製作して焼成したところ焼き損じがほとんど無く、無事に奉納できた。

次に残ったパーツを組んで、同じ年に宮地嶽神社に奉納された。残念なことに宮地嶽神社の鳥居の奉納者は不明ですが、この2基は共に明治21年の陽刻銘があります。

そして翌々23年になって、西松浦郡の全町村から松原神社に最後の1基が奉納された。ちなみに松原神社には、陶山社と同じく鍋島直茂公が祀られています。年号と奉納者名が黒書きされていますが、文字が一部剥落しているところから、どうやら上絵付けのようです。
b0289777_157513.jpg
b0289777_1573586.jpg
b0289777_1575527.jpg

いずれにしても、これだけの大きさの磁器を焼くのは、現代のテクノロジーを持ってしても至難の技としかいいようがありません。製作にあたった先人の心意気とそれを裏づけるに余りある技量には脱帽です。

皆さんもいちど磁器製鳥居を巡る三社詣でに出かけてはいかがでしょうか?すごいパワーをいただけるかも!

by gen-emon | 2014-01-22 12:01 | 旬な話題

墨弾き技法   

2014年 01月 16日

皆さん こんにちは。
朝はかなり冷え込みますが、新年から良いお天気が続いて気持ちがいいですね(^-^)
今日は、nendo社との協作でも使っている「墨弾き」という製作技法を動画でご紹介したいと思います。



墨弾きとは、墨を用いて白抜きの文様を描く技法です。
製作工程は、素焼き生地に墨で文様を描き、その上から濃みで着色をすると、墨は膠(にかわ)質を含むため吸水性がなく呉須を弾きます。その後もう一度、素焼き窯で墨を焼き飛ばすと、白で描いたような器が出来上がるわけです。今でいうマスキングをするわけですね。

墨弾きの技法は江戸時代から存在し、鍋島藩窯の製品に多く見られました。

nendo社とのコラボは、昔の技法と新しいデザインとの融合で出来た器なのでした(*^_^*)

by gen-emon | 2014-01-16 15:11 | 窯の色々

仕事始め   

2014年 01月 06日

皆さま こんにちは(^-^)
今日は仕事始めです。
今日からまた気を引き締めて、皆さまに『良い焼きもの』をお届け出来るように、社員一丸となって頑張ります!

仕事始めには有田の陶山神社から宮司さんがみえられ、新年のお祓いを本窯の前でします。
b0289777_12332999.jpg

窯でのお祓いの後は、職人さん達が仕事をしている各職場を回ってお祓いをしていただきます。
b0289777_12334519.jpg

今年も怪我や事故等ないように、そして良い焼きものが出来るますように(^_^)

by gen-emon | 2014-01-06 12:54 | 出来事

『初売り』初日   

2014年 01月 02日

皆さま こんにちは。
今年はお天気にも恵まれて、年明けから絶好のスタートです。今日は『初売り』初日です。
b0289777_1363087.jpg


朝早くから多くのお客様にご来店いただきました。ありがとうございました(^_^)
b0289777_1363098.jpg


初売りは5日までとなっております。大変お買い得なこの機会に是非お越しください。

by gen-emon | 2014-01-02 17:24 | イベント

新年のご挨拶   

2014年 01月 01日

皆さま、新年明けましておめでとうございます(*^_^*)
今年は干支の「午」にちなんで、源右衛門窯も大きく飛躍する一年になるよう頑張りますので、どうか皆さまの暖かなご声援をお願いいたします。
b0289777_1559596.jpg

本年も皆様へ素敵な商品をお届けできるよう、社員一同一丸となってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

by gen-emon | 2014-01-01 08:00