<   2013年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

干支 完成!!   

2013年 10月 31日

皆さん、こんにちは。
以前、ブログの職人紹介で馬の置物の成型行程を紹介しましたが、絵付けも終わりようやく見本が完成いたしました(*^_^*)

源右衛門窯では毎年、干支シリーズとしまして【ぐい呑・皿・置物・陶額】の干支を製作しています。来年は「午」年、縁起の良い【神馬】がモチーフです。
b0289777_7553053.jpg
【ぐい呑】は、毎年新しい絵柄(12年前とは違う絵柄)で製作していますが、見本倉庫には数十年という歴史を感じさせる干支のデザインが沢山あります。

【皿】は3年前から新しく形状を変え、干支をレリーフ(凹凸)の彫りで浮き出させ、染付の濃みの濃淡・輪郭の金線のみで表現した絵皿です。

【置物】は酉の年から製作し始め、来年の午で10年目(10作目)になります。
b0289777_75626.jpg
置物は細かいところにもこだわっており、上げた前足の裏には金で蹄鉄を描いています。
蹄鉄は世界各地でも、幸運の御守り魔除けなど、とても縁起が良いとされていますね(^^)


新年に飾る干支は一年の福を呼び寄せる縁起物として、それぞれに心を込めて製作いたしております(#^.^#)

by gen-emon | 2013-10-31 12:49 | お知らせ

横浜高島屋「飯碗100選」展   

2013年 10月 25日

皆さん、こんにちは。
今日は展示会のお知らせです。

横浜の高島屋さんで「秋の飯碗100選 展」を開催中です。
実は源右衛門窯、飯碗だけで200種類以上作っていることご存じですか?
今回はその中から100種類をセレクト。
b0289777_8535218.jpg
毎日使う物だから、本当に気に入ったものを選びたいですよね!
実りのシーズン、新しい飯碗で食べるご飯は最高ですよ!

DMでもご紹介していますが、新柄の炊飯陶鍋や、
b0289777_10563648.jpg

食卓を賑やかにする器も同時に展開中です。
b0289777_9193569.jpg
会  期:平成25年10月23日(水)→29日(火)
場  所:横浜髙島屋7階 特選和食器
営業時間:午前10時~午後8時(最終日は午後5時で閉場)


お近くの方は是非お立ち寄りください。

by gen-emon | 2013-10-25 12:00 | お知らせ

nendo 「by | n meister」展   

2013年 10月 24日

皆さん、おはようございます。
前回お知らせしました渋谷西武さんでの「by | n meister(バイエヌ マイスター)」展が、22日より始まりました。
今日は、展示会の様子を少しご紹介します(*^_^*)
b0289777_7443798.jpg

A館7階の特設会場はnendoさんのデザインによるもので、真っ暗な空間に白い展示板が浮遊しているイメージだそうです。これまでの源右衛門窯の展示会とはおもむきがかなり異なるのですが、今回制作した「梅地紋」「唐草文」が効果的にディスプレイされていて、とってもcoolな雰囲気です。
b0289777_7445765.jpg

会場には3Dプリンターで試作された樹脂製モデルも展示され、来場のお客様も興味深げにご覧になってました。
b0289777_7451442.jpg

今回は源右衛門窯を含めて日本の伝統産業を代表する7業種とのコラボレーションが実現し、それぞれに見応えのある製品が出来上がっています。
b0289777_7453074.jpg

源右衛門窯の新たな魅力が発見できる展示会へ、ぜひご来場くださいませ。

by gen-emon | 2013-10-24 09:00 | お知らせ

絵付実演   

2013年 10月 20日

皆さん、おはようございます

17日から始まっています大分トキハさんでの展示会では、沢山のお客様にご来店だいております。ありがとうございます。
b0289777_8102382.jpg
昨日の19日と今日の20日の2日間、イベントとしまして下絵付けの絵付実演を行っています。

源右衛門窯代表作の一つ、「染付粟に鶉絵 尺皿」です。つがいの鶉(うずら)を中心とした粟(あわ)の束と、放射状に埋めつくされた鹿子紋(かのこもん)が、大皿全体にピンと張りつめた絶妙のバランスを構成しています。
b0289777_810241.jpg
焼きものが出来る行程を並べて、説明もしています。皆さん、興味津々で聞いておられます。
b0289777_7203435.jpg
只今、こんな感じの仕上がりです(^o^)

本日までとなっていますので、ぜひこの機会に職人の手技を間近でご覧ください(*^_^*)

by gen-emon | 2013-10-20 09:02 | お知らせ

nendo×源右衛門窯   

2013年 10月 18日

こんにちは。
今日は源右衛門窯が新しく取り組んだプロジェクトについてご紹介したいと思います。

百貨店の西武・そごうさんが、世界で活躍するデザインオフィス「nendo(代表:佐藤オオキ氏)」と共同で「日常の品々に新たな視点を加えた提案を」というコンセプトのもとスタートした
「by | n meister(バイエヌ マイスター)」
こちらの企画で源右衛門窯にお声をかけていただき、新作を発表することになりました。
b0289777_9164911.jpg

どうです、圧巻でしょう?
プロジェクトの最初の段階で佐藤さんから平面のデザイン画を提案いただいたのですが、その数なんと約90種類!パターンの多さにまずびっくりしました。
パソコンでは表現できても手描きでは伝わりにくいかな、と思う図案も正直いくつかありました。

でも・・・佐藤さんから提案されたモチーフは、私たちが何十年も描き続けている「梅地紋」「唐草紋」もっとも得意とする絵柄たちです。「できない」とは言いたくない。

そんな思いの中、結局は社長の「とにかく全部を作ってみよう!」という号令のもと、それらすべてを試作する事にしました。
しかも"従来の描き方""「墨弾きと点描」の技法を使った描き方"2パターンで・・・。
b0289777_91716100.jpg
 左【墨弾きと点描】 ・ 右【従来の梅の描き】

これはどちらの技法が今回の作風に向いているか確認してみたい!という私たちの創作意欲から来たものです。2パターンの数を合計すると、約140種類。もう一度言いますが「試作」です。

最終的に「墨弾きと点描」の技法を採用することになったのですが、嬉しいことに(困ったことに?)約90種類のほぼすべてをnendoの皆さん、西武・そごうの皆さんが気に入ってくれて「全部販売しよう!」ということになりました。すべてを製品化することの大変さと言ったら・・・。

私たちも新しいことにチャレンジすることが好きな集団です。この際!というわけではありませんが、なんと専用の化粧箱まで作ってしまいました。
b0289777_10424590.jpg
製品とのバランスがとても良いと思いませんか?


この秋、こちらのシリーズをまとめて紹介する展覧会が渋谷西武で行われます。

会期:平成25年10月22日(火)から11月4日(月・祝振)まで
時間:午前10時から午後9時(日曜・祝日は午後8時まで)
会場:西武渋谷店 A館7階 特設会場
住所:〒150-8330 東京都渋谷区宇田川町21-1
電話:03-3462-0111(大代表)


今回ご紹介した「nendo×源右衛門窯」の製品だけでなく、木桶工房や漆器工房など伝統技術を誇る工房とnendoの協作に直接触れることが出来る展覧会。
会場では製品だけでなく、それらが完成に至るまでの模型やプロトタイプなども展示され、デザインが具現化していく過程が楽しめるそうです。

展覧会に間に合わせるためギリギリまで頑張って作った愛おしい製品たちを、お近くの方は是非お手にとってご覧ください。

by gen-emon | 2013-10-18 10:58 | お知らせ

おくんち   

2013年 10月 17日

皆さん こんにちは!
10月16・17日「有田くんち・皿山まつり」が行われています。

地元の神様・有田を支えてくれた先人達を思い、また有田の益々の発展を祈願して報恩感謝のお祭りです。

有田町の地区別に毎年順番で回し、その当番区は子供から大人まで参加して有田町内中を踊って回ります。踊りは1ヶ月以上前から猛練習の日々なんです。
b0289777_1415518.jpg
源右衛門窯にも、昨日から子供たちや男性部・女性部の方々が、面々に踊りに来られました。
囃子の音が聞こえてくると、職人たちも手を休め庭に集まり華麗な踊りを見ます(*^_^*)
b0289777_13593340.jpg
各所でお接待の場を設け、ジュースやお酒、おつまみなどを振る舞います。これが場所ごとにメニューが違って、楽しみの一つなんです(*^_^*)
b0289777_1411498.jpg

有田町では"美空ひばり"さんが歌う最初で最後だといわれたご当地ソング『ちろりん節』があります。
この歌と踊りを観るのも楽しみの一つです♩

秋の訪れを感じるひとときでした(*^_^*)

by gen-emon | 2013-10-17 14:00 | 出来事

「ななつ星」発車!   

2013年 10月 16日

8月10日のブログで紹介しましたクルーズトレイン 「ななつ星 in 九州」が、昨日からいよいよ運行を開始しました。テレビのニュースでもさかんに放送されていましたね。
今日は10月12日に運行直前の「ななつ星」を訪れた時に撮影した画像をご紹介します。

ここは北九州市小倉北区にあるJR九州小倉工場。広大な敷地のなかにある車庫で最後の点検とお化粧が行われていました。渋い「古代漆色」に塗装された車体はピカピカに磨き込まれています。
b0289777_11295150.jpg


なんといっても「ななつ星」の見どころは豪華な客室です。
b0289777_1333596.jpg


そのこだわりは通路や壁にあしらわれたインテリアにも。
b0289777_1422103.jpg


このカエル、彫刻家の籔内佐斗司氏作です。
b0289777_1348041.jpg


そして、源右衛門窯作の「手洗い鉢」とフルーツ用の「鉢」もしっかり定位置におさまって、
発車準備完了
です。b0289777_144132.jpgb0289777_14111164.jpg

昨日、博多駅を出発した「ななつ星」は、今どのあたりを走っているのでしょうね?(^-^)

by gen-emon | 2013-10-16 15:36 | 出来事

『源右衛門窯 展』開催!   

2013年 10月 16日

皆さん、おはようございます。
昨晩は台風の影響で雨風がかなり強くて怖かったですね(>_<)

今日は催事のお知らせです。
大分トキハ本店さんで、下記の日程で『源右衛門窯 展』を開催いたします。
b0289777_1113277.jpg
日程 : 10月17日(木)〜23日(水)
場所 : 大分トキハ本店  5階 陶器売場 特設会場
(最終日は17時閉場)


上の画像のテーブルコーディネートにも使用している「赤絵唐草文 組皿」を含め、4種類の組皿を大分トキハさんで先行販売いたします。
この組皿は、スープやサラダなどはもちろん、鉢と皿の単品でもお使いいただけます。丸みがありかわいいフォルムの組皿になってます。
b0289777_9133992.jpg


また、催事のイベントとしまして染付絵付け師による手描き実演を行います。
19日(土)10時~18時
20日(日)10時~17時
染付絵付け師はブログスタッフの"よこたん"です。描いているときは真剣そのものですが、とても気さくな人なので、聞きたいことなど、気軽にお声をかけてください。

b0289777_8444443.jpg

源右衛門窯の染付技法を代表する逸品「染付粟に鶉絵 尺皿」を描きます。
是非、この機会に職人の手技を間近でご覧ください。
お待ちいたしております(*^_^*)

by gen-emon | 2013-10-16 08:57 | お知らせ

みさっちゃんの仕事   

2013年 10月 11日

皆さんおはようございます。
久しぶりの投稿です(^。^)

「陶工のつぶやき」7回目
今日ご紹介するのは赤絵の井手美里さんです。通称「みさっちゃん」
b0289777_1332189.jpg

井手美里さんは入社から9年間、下絵付けの濃み手さんでした。その後赤絵場に移り、赤絵の濃みを担当し今5年目になられます。濃みという点では一緒ですが、作業性は全然違います。

下絵付けの、もろい素焼きに絵付けをする作業と違い、本焼きをしているため扱いやすくはありますが、脂分を大変嫌います。もし、脂分が付いていると絵具を弾き、濃みがムラになってしまうんです。窯の職人も窯上げ時には気を使いますが、赤絵の職人さんはゴムの指サック等を付け、直接手脂が付かないようにしないといけません。
b0289777_1650290.jpg
上絵付けの絵具は透光性があるガラス質の有田和絵具で、色は約40種類以上もあります。色によって絵具の質が違うため、特徴を把握しておかないといけません。また色の濃ゆさは、色付けした箇所の層の厚さで調整し、均等に絵の具がのっているかを見極めながら進めていきます。
その後焼成で、本焼きより低い約800度前後の温度で焼いて、和絵具を釉の上にしっかり定着し発色させます。
b0289777_13549100.jpg
みさっちゃんからのコメント
「毎朝窯上がりがあるため、仕上がりを見るのはプレッシャーですが、私が一端を担った商品を使って下さる方がいると思うとうれしくなります。
使うときに気分が上がるような、力強さの中に気品のある絵付けをしたいです。」

何とも頼もしいお言葉です(*^_^*)
今日もまた、お化粧が終わった器たちは窯の中へ積まれていきます。
明日の窯上がりが楽しみですね「みさっちゃん」(^。^)

by gen-emon | 2013-10-11 10:35 | 陶工のつぶやき