<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

窯の職人   

2013年 06月 26日

今日は"陶工のつぶやき"(^。^)
職人さんの紹介は4人目です。

松永さんは窯場の担当で、施釉・仕上げ・本焼(還元焼成)をされている職人さんです。
b0289777_1333462.jpg

松永さんにコメントをお願いしたところ、沢山の説明や思いを書いて頂きました。文章からも職人としての熱意が伝わってきます(^_^)
b0289777_1628447.jpg

【松永さんコメント】
源右衛門窯は工程のほとんどが手仕事です。
成形や染付の職人さんが手がけた色々な形状や絵柄の素地を取り扱うわけですから気を使いますし責任重大です。

施釉の時は釉薬の微調整に気を配り、仕上げでは丁寧かつ慎重に作業を行ってから窯に入れます。

施釉から本焼を終える過程の中では、これで良いという決定的ながありません。
ですから、窯から焼き上がった製品を取り出してみるまでは、どのような状態になっているか不安です。それくらい磁器を焼くということは理屈や理論では計れない難しさがあり、それは何年たっても変わりません。
b0289777_1545361.jpg

私たちには常に歩留まりの向上が求められます。
もちろん100%の達成が望ましいのですが、なかなかそうはいかないのが実状です。
これからも、他のメンバー3人と協力しあって日々努力と向上心を持ち、源右衛門窯独特の呉須(紺色)の発色を最大限に引き出せるよう、仕事に取り組んでいきたいと思います。

まだ、書きたりないとおっしゃっていた松永さんですが、これからもその熱意で素敵な器たちを造っていってください(≧∇≦)

by gen-emon | 2013-06-26 13:42 | 陶工のつぶやき

梅文庫    

2013年 06月 13日

おはようございます。
今日は源右衛門窯お庭の奥に佇む『梅文庫』という建物をご紹介します。
陶器市や秋陶祭でご存知の方もいらしゃると思いますが・・・。

『梅文庫』昭和60年1月完成!
蔵書があふれ困っていた先代(6代目源右衛門)が蔵書を収める部屋が欲しい!
と建てられたそうです。
b0289777_16443221.jpg

気のあった方との語らいを好まれた先代は囲炉裏をつくり、キッチンはその当時キッチンメーカーとコラボで作っていたシステムキッチン
ショールームも兼ねていたそうです。
b0289777_16455218.jpg

ちなみに『梅文庫』の名前のとうり、建物の周りには梅の木がたくさん植えてあり、内外の装飾は源右衛門窯を代表する柄の「梅地紋」で統一されてるんですよ(^-^)
圧巻なのは外に置かれた灯篭!
b0289777_1648039.jpg

b0289777_16484029.jpg

もちろん手づくりのろくろ成形なのですが、あまりに大きいので5パーツに分割して作られています。
ここまで大きいと歪みが出やすく1回では出来にくいので予備を作るのですが、・・・なぜか1点しか造られていなかったそうです。(゜Д゜)じぇじぇじぇ!
1発勝負、祈るような気持ちで窯入れしたところ見事に出来上がったのがこちらの灯篭なのです。

『梅文庫』の中は普段は見れませんが、陶器市などのイベントの際はお休み処になります。
落ち着いた空間でゆったりとした時間を感じられる場所です。

by gen-emon | 2013-06-13 08:47 | 窯の色々

窯元研修   

2013年 06月 07日

皆さん、こんにちは
新年度がスタートして約2ヶ月がたちましたね(^_^)

昨日は国家公務員と有田町役場の初任研修として、2名の方が源右衛門窯に1日体験に来られました。研修は主に現場での作業体験です。

b0289777_1544127.jpg
ハナ・ツムシュタインさんは素焼きの検品作業を廣瀬久美子さんに指導してもらいながら初挑戦!!

b0289777_15493718.jpg
藤岡亮介さんは釉薬をかけた後の仕上げ作業を窯場担当の伊勢馬場さんに指導を受けていました。

b0289777_15505373.jpg
午後からは2人並んで仕上げ作業です。

締めくくりは古伊万里資料館で歴史をお勉強。
1日お疲れ様でした(^。^)

1日体験を終わられてからお2人にコメントを頂きました(*^_^*)
ハナさん「細かい作業でしたが、ユニークな体験で面白かったです。」
藤岡さん「繊細な作業一つ一つが伝統を守り続けているんだなと感じました。」


これからの二人の仕事に源右衛門窯での体験が少しでも役に立てればうれしいですね(*^_^*)
頑張ってくださいp(^_^)q

by gen-emon | 2013-06-07 14:43 | 出来事

もうすぐ父の日!   

2013年 06月 06日

みなさん、こんにちは
6月16日は『父の日』ですね。
普段なかなか伝えられない感謝の気持ちを伝えられる素敵な日です。

お父さまへの素敵なプレゼントに源右衛門窯の麦酒杯焼酎杯などはいかがですか?
b0289777_1513587.jpg
麦酒杯はクリーミーな泡立ちを作りだす細かい突起と、独自の釉薬をカップの内側に施した、源右衛門窯オリジナルの麦酒杯です。
b0289777_1522368.jpg
焼酎杯は外面を大胆に削りだし、たっぷりとしながらも持ちやすいフォルムと、焼酎が水やお湯と馴染むよう内底の丸みが特徴です。


全国の百貨店の売場でもご覧いただけます♪

b0289777_14425654.jpg
【夏の器展】
会場: 大分トキハ 本店 5階特選食器サロン
会期: 6月6日(木)~6月12日(水)

夏の器展と題しまして、染付の器を中心に約130点展示しています。

【父の日フェア】
会場: 仙台三越 6階特選食器売場  
会期: 6月6日(木)~6月19日(水)


【父の日フェア】
会場: 玉川高島屋 5階特選和食器売場
会期: 6月12日(水)~6月25日(火)


どの売り場も『父の日』にちなんだ製品など色々取りそろえています。

プレゼント選びはすっごく難しいですが"心がこもっている贈り物"であれば大丈夫!
よかったら、見に来てくださいね(#^.^#)

by gen-emon | 2013-06-06 14:46 | イベント

梅がたくさん(^-^)   

2013年 06月 05日

皆さん、こんにちは(^-^)
梅雨の中休みでお天気が続いて気持ちがいいですね♪

漢字で梅雨(つゆ)とはと書きますね。
"梅の実が熟す頃に降る雨"ということみたいですが、"つゆ"と呼ぶようになった由来は色々あるみたいです。
•「露(つゆ)」から連想した。
•梅の実が熟し潰れる時期だから「潰ゆ(つゆ)」と関連つけた。
などなど。

今日はその梅雨の晴れ間に敷地内にある"実"の収穫をしました。たくさんなっています。
b0289777_11132463.jpg

源右衛門窯先代の奥様も一緒に梅をちぎりました。
b0289777_11332966.jpg

今年もこんなに沢山がとれましたよ!驚きの3袋分(゜o゜)
b0289777_11135334.jpg
収穫した梅は漬けたり、梅酒にしたりしていただきます。

自然の恵み、実りに感謝です\(^o^)/

by gen-emon | 2013-06-05 13:21 | 出来事