秋陶祭 -炎の響演-   

2013年 11月 23日

皆さん、こんにちは。
秋陶祭3日目、今日のイベントは窯焚きです。
それも普通の窯焚きではなく、『炎の響演』と題しまして「今右衛門窯さん・柿右衛門窯さん・しん窯さん・深川製磁さんと源右衛門窯」5つの窯元で、同時に薪窯焚きを公開しようという夢の響演企画です。
b0289777_1322472.jpg

今ではめったに見られなくなった昔ながらの薪窯での窯焚は、炎の調節などに手間がかかり、職人のより高い技術が求められます。
b0289777_12515833.jpg
源右衛門窯の煙突から出る煙の先から、しん窯さんの登り窯の煙突が見えています。あちこちの窯元の煙突から黒煙が出るこの情景も、昔は当たり前だったんでしょうね。

是非、この機会に有田の風景、また窯の職人の技を間近でご覧ください。


また古伊万里資料館では、『古伊万里に描かれし人々』展と題しまして、人物にスポットを当てた企画展を行っています。
b0289777_7433687.jpg
江戸初期から明治初期にかけての古伊万里に描かれた「唐人」「オランダ人」「日本人」の3人種にスポットを当て展覧しています。

先人陶工によって置物や鉢、大皿、蓋壷などに表現された様々な人物像をご覧ください。

by gen-emon | 2013-11-23 13:02 | イベント

<< 秋陶祭 -絵付け体験- 秋陶祭 -茶処 源- >>